喘ぎ声の大きい子

投稿日:2016年3月13日

自宅にデリヘルを呼ぶ時って何かと気を使うので、出来ればホテルのほうが気楽でいいのですが、その日は金銭的な問題で自宅にデリヘルを呼ぶことにしました。ちょっと分かりにくいとこにあるけど平気かななんて心配は杞憂で、すぐに女の子が到着。なかに入ってもらいいくつか質問をしたりしていると彼女が「そろそろ始めましょうか」というので、積極的な子だなと思いつつ「それじゃあ始めよう」と返事をして彼女の体を障るところから始めました。とりあえず彼女の胸を揉んでいると。彼女は「あぁん」みたいな声を結構大きめで出すので、「ごめん、ちょっと抑えめで」と注意。彼女は「ごめんなさい」なんて言っていたのですが、その後下に手を伸ばすと結局「あぁあん」みたいな感じで大声をあげていました。仕方ないので、彼女の口を片手でふさぐ形でプレイ。それで声はかなり抑えられたのですが、常に片手が塞がってて微妙な気分になったので、結局フェラをしてもらうことに落ち着きました。

巨乳を触りたくてデリヘル

いろいろな女の子と関係を持つことはできたのですが、いまだにできていないこと、それは巨乳の女の子のおっぱいを揉むということです。今までの女の子はどちらかというと胸の小さな子ばかりだったのです。いつかは大きな胸に顔をうずめたいと思っていたのですが、なかなかそんな機会がなく、ついにデリヘルを利用してそれを実現しようと思うようになり、ネットで巨乳の女の子を探し、ホテルで会うことになったのです。来てくれたデリヘルの女の子は少しぽっちゃりしていますが、確かに胸はかなり大きそうでしたのでその点ではよかったです。服を脱がすと、ブラが見えて推定Gカップくらいはありそうです。そしてそのブラをはずすとおおきなおっぱいが揺れるように出てきて、その迫力に圧倒されてしまいました。その大きなおっぱいに顔をうずめたり、吸ったりして柔らかさ、気持ちのよさを体験することができたのです。やっぱりおっぱいは小さいより大きい方がいいということを実感できました。